ラッキーコールドットネットとは!?

電話をベースにした出会いのメディア「テレコミ」には他の風俗にはない緊張と興奮があります。

「ラッキーコールドットネット」は全国のテレクラ、ツーショットダイヤルなどのテレコミ業者とテレコミ情報を収録したチョット便利なガイドブックです。内容は随時更新中なのでマメに要チェックです!

テレコミ・出会い系の歴史

  • 1985年「テレクラ誕生」

    新宿にテレクラ第1号店が開店し、地方からもお客さんが集まるほどの大盛況となります。各個室に設置された電話がいっせいにコールを受けて、早い者勝ちで電話を取る「早取り制」というシステムで、女性用の着信電話回線を10本ほど引けば開業できることもあり、全国各地にテレクラが広がりました。 フリーダイヤルが誕生したのもこの年です。

  • 1990年「ツーショットダイヤル誕生」
    ダイヤルQ2を利用したツーショットダイヤルが誕生しました。ダイヤルQ2は「0990」で始まる電話番号で、事業者が有料番組を提供し、NTTが料金の回収を代行するサービスです。男性はQ2へ、女性はフリーダイヤルへ電話をかけて接続されるという仕組みでした。自宅の電話からも気軽に利用できる事から一気に人気が高まりました。
  • 1991年「NTTがQ2からツーショットダイヤルを締め出す」
    ツーショットダイヤルを長時間利用することで、ダイヤルQ2の請求が高額になるケースが相次いだほか、売春目的で使われるなどの問題も指摘されたことにより、NTTがツーショットダイヤルのQ2契約を更新しない自主規制に乗り出します。ダイヤルQ2に頼っていたツーショットダイヤル事業者はこの規制に対応すべく、男性の利用料金の課金を銀行振込やクレジットカード決済に変更し、Q2を使用せず、一般の電話回線を利用した方法で事業を継続します。
  • 1995年「テレクラとツーショットダイヤルの規制が強化される」
    女子中高生らの援助交際ブームを背景に、全国の自治体でテレクラ規制条例が制定されていきます。営業地域が限定されるなどで、多くのテレクラが廃業し、テレクラの衰退が始まります。
  • 1999年「携帯電話用の出会い系サイト誕生」
    携帯電話でインターネットが閲覧できる、i-mode、EZweb、J-スカイ(現Yahoo!ケータイ)が誕生し、公式サイトで開設された出会い系サイトが爆発的な人気を呼びます。ブームに便乗して出会い系サイトを開設する業者が後を絶たず、わずか1~2年で2,000以上の出会い系サイトが誕生します。
  • 2000年「出会い喫茶誕生」
    男性と女性に会話の場を提供するお店で「出会いカフェ」「トークカフェ」など、さまざまな呼び名のお店が誕生します。出会い喫茶は新しい業態で法律規制がありませんでした。このため18歳未満が入店できるお店もありました。
  • 2002年「テレクラが壊滅、ツーショッダイヤルも衰退」
    風俗営業法の改正でテレクラ、ツーショットダイヤルを規制し、テレクラの利用者に対し18歳以上であることを示す身分確認を求めることが義務付けられ、深夜0時から日の出までの間のテレクラとしての営業が禁止されたことから利用者はさらに減少し、テレクラは壊滅状態となります。ツーショットダイヤルも同様に規制されたことで、次第に衰退し、運営業者も急激に減少していきました。
  • 2006年「出会い系サイトが規制される」
    出会い系サイト規制法・出会い系サイト被害防止法が施行されました。18歳未満の児童を性行為目的で誘い出す書き込みをインターネット上で行う行為などを禁じ、罰則化されました。
  • 2008年「出会い系サイトの規制が強化される」
    女子中高生らの援助交際を背景に、出会い系サイト規制法が改正されます。利用者が未成年ではないことを証明するために、免許証やクレジットカードなど個人確認が義務化されます。無料もしくはオープンな掲示板式の出会い系サイトは一斉にサイトを閉鎖していき、事実上消滅しました。この頃から出会い系サイトは冬の時代へ突入します。
  • 2010年「出会い喫茶の規制が強化される」
    出会い喫茶は18未満の女性でも気軽に売春行為が出来てしまう問題もあり、風営法が改正されます。これにより、出会い喫茶は18歳未満の立ち入りや営業地域、営業時間、広告宣伝などが、厳しく制限されるようになりました。

テレクラメニュー

ツーショットダイヤルメニュー

事件やトラブルメニュー